聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実

スクリーンショット 2015-08-20 22.28.00

タイトル:聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実

【処方箋】自分自身を強くしたいあなたへ

【性別おすすめ】
男性★★★★
女性★★★

【映画データー】ジャンル:ドラマ  製作国:日本  製作年:2015年  放映時間:141分
監督:成島出  主演:役所広司   評価:★3.6(満点★5)

 


 

<スポンサードリンク>


 

太平洋戦争時、連合艦隊司令長官として戦った山本五十六を中心に展開する戦争映画です。

時は1939年、世界はドイツナチスのヒトラーの勢いが増しており、陸軍やマスコミなどの世論は日独伊三国同盟を締結し、米国と対峙すべきだという風潮になっていきます。

 

しかし、海軍大臣の米内光政、海軍次官の山本五十六、海軍軍務局長の井上成美らは、陸軍の強い圧力にも負けずに同盟締結に反対をします。

 

彼らは、広い視野を持ち、世界情勢を正確に見抜く目を持ち、日本と米国との力の差も十分理解していたのです。

 

しかし、世界情勢が不安定な中、ドイツがポーランドに侵攻し、ついに第2次世界大戦が始まってしまいます。

 

日本もその波の中に呑まれていき、1940年日独伊三国同盟を締結します。

 

スクリーンショット 2015-08-20 22.24.48

 

連合艦隊司令長官に任命された山本五十六は、国力の差を知り尽くしており、対米戦争が可能であるという根拠がないままに情勢は戦争へ突き進んでいきます。

 

最後まで戦争に反対していた山本五十六は、連合艦隊司令長官としての立場もあり、緒戦で米国に打撃を与え和平への道を探り始めます。

 

しかし、国力の差は如何ともしがたく、日本の戦いは窮地に追い込まれ、鉄、石油など資源の輸入を米国に頼っていたため、敗戦の道へ進んでいきます。

 

戦争に反対しながらも苦しい立場にある山本五十六の苦悩などが印象に残っており、戦争シーンなどが壮大なスケールで描かれています。

 

<スポンサードリンク>


 

 

観たい映画をガマンしない!月額一定動画配信サイト紹介!

    コメントを残す

    CAPTCHA