ホテルルワンダ フツ族・ツチ族の大量虐殺からたくさんの人を救った男の史実

タイトル:ホテルルワンダ

【処方箋】「差別」が認識できない友達に見せる

【性別おすすめ】
男性★★★★★
女性★★★★★

【映画データー】ジャンル:ドラマ、実話   製作国:イギリス・イタリア・南アフリカ   製作年:2004年

放映時間:122分  監督:テリー・ジョージ   主演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー

評価:★5(満点★5)

 


 

<スポンサードリンク>


 

1994年、ルワンダでは隣人同士が殺しあう大量虐殺がおこった。

 

ルワンダには「フツ族」と「ツチ族」という2つの民族が暮らしていた。

 

主人公のポールはルワンダにある4つ星ホテルの支配人を務める「フツ族」だが、彼の妻は「ツチ族」だった。フツ族の不穏な空気を察しながらも、自分の仕事に忠実で民族で人を判断するようなことは決してなかった。

 

平和協定も結ばれ、ようやく平穏な日常が訪れると思った矢先に大統領暗殺事件が発生した。

大統領暗殺に憤慨したフツ族の武装集団はかったぱしからツチ族の家を襲撃し、想像を絶する虐殺を開始した。

 

フツ族であれ彼のもとには多くの隣人が訪れていた。彼はなんとかして、家族・そして多くの人々を助けようと奔走するのであった。
見た目の変わらない「フツ族」と「ツチ族」、ルワンダの人以外にはなんら変わりのない外見で、どちらがどちらの民族かは見分けがつかないだろう。昨日まで隣人だったもの同士が、殺しあうなんて想像を絶する地獄であろう。

 

虐殺が行われいるシーンなどはないが、いつ自分がいつ殺されるかもわからない恐怖、欧米諸国に「ルワンダは救済する価値がない」と判断され、見放され出国もできずに紛争地帯にとどまって生活を送るなんて、日本に住む私たちには考えられない生活だ。

 

そこで民族性を判断することなく、救済しようとすることはとても難しく、困難も多いはずだ。

生半可な気持ちで成しえないこと。

 

スクリーンショット 2015-09-06 15.59.39
この映画をみるとつらい気持ちになるかもしれないが、現在も紛争の傷跡は多くの地域で残っている。

 

お互いは民族というくくりで判断すべきではないし、民族という簡単なカテゴリーで判断することによって、とても悲しい出来ごとがこの地球上で起きてることをこの映画は教えていくれる。

 

そのことを忘れないためにもこの映画は必要だと思う。

 

<スポンサードリンク>


 

観たい映画をガマンしない!月額一定動画配信サイト紹介!

    コメントを残す

    CAPTCHA