アウトレイジ・ビヨンドというヤクザ映画です

タイトル:アウトレイジ ビヨンド

【性別おすすめ】
男性★★★★
女性★★
【映画データー】ジャンル:ヤクザ  製作国:日本  製作年:2012年  放映時間:112分
監督:北野 武  主演:ビートたけし  評価:★3.3(満点★5)

 


 

 

<スポンサードリンク>


 

アウトレイジ・ビヨンドはヤクザ映画のアウトレイジの直接の続編。

 

監督はもちろん前作と同じ、世界のキタノこと北野武。
俳優活動をする時はビートたけし名義みたいですね。初めて知りました。
また続編を作ることも初めてなんだとか。

 

物語の主軸は、前作アウトレイジで死んだことにされてしまった古いタイプのヤクザ大友が裏切った元部下や現会長に復讐(報復)をするお話。

 

とは言っても本人は最初は能動的に動かず作中のとある人物の死をきっかけに、やっと自分から動き出すというBROTHERにも通じるようなプロットでちょっとホロリとする。

 

 

乾いた暴力が目立った前作とはややニュアンスの違いを感じました。
アウトレイジ・ビヨンドでは全体的にカラッとした爽快感を加味したさわやかな暴力に仕上がっている。
さわやかな暴力って何だよという感じだけど、陰鬱さは目減りして、エンタメ性をより高めているように思えました。

 

敵側である関東の大組織「花菱会」の会長と幹部2人、とってもいい味出してます。

 

特に武闘派極道を演じた塩見三省のモノホンぶりはとてつもない迫力。
こんなコワモテが目の前で罵声を浴びせてきたら、間違いなく縮み上がる。
極道の世界って怖いんですね。

 

スクリーンショット 2015-09-06 21.36.10

 

そんな怖い描写がわんさかだけども、間違いなく面白いです。
もちろん前作から続けて観た方が、より楽しめること間違いなし。

 

<スポンサードリンク>


 

 

観たい映画をガマンしない!月額一定動画配信サイト紹介!

    コメントを残す

    CAPTCHA