非常識な運動能力!危ないでしょ!

タイトル:ヤマカシ
ジャンル:アクション
製作国:フランス
製作年:2001年
放映時間:91分
監督:アリエル・ゼトゥン
主演:Yamakasi
評価:★3(満点★5)

「ヤマカシ」は、道具を一切使わずにビルをよじ登ることが出来る7人の若者から成るグループ。

もちろん、よじ登るだけではなくビルからビルへジャンプして飛び移ることをいとも簡単に行う彼らにあこがれる少年たちは非常に多く、ある意味尊敬を集めていた。

しかし大人たちは問題グループだと決めつけ、向かい風も強かった。
そんな中、ある事件が起こる。彼らをリスペクトしていた一人の少年、シャメルが、ヤマカシの真似をしようとして高い所から落ちてしまう。

もっとよくない事に、彼には心臓疾患があったのだ。
話を聞き、自分たちに責任があると考え向き合おうとし、見舞いに訪れたヤマカシメンバーに、残酷な事実が告げられる。

それは、24時間以内に緊急手術を施さなければシャメルは命を落としてしまうという医師からの宣告だった。
しかもその手術には40万フランという高額な費用がかかるため、病院の理事長が、お金を用意しない頑として手術を行わないというのだ。

この緊急事態にヤマカシ7名が出した結論は、弱い者を食いつぶして理不尽な利益を稼いでいる病院の関係者から、ねずみ小僧曰く金を取り戻すというもの。

もちろん、この任務は簡単ではなく、元々彼らを問題グループだと目をつけていた警察が次第に追い詰めていく中で、彼らの、絶対にあきらめない不屈の精神が勝りシャメルの命を救う…というストーリー。

この映画で注目出来るのは、ストーリー性というよりもやはりヤマカシ一人ひとりの身体能力である。

もちろん、それには鍛え上げられた肉体を維持するための自己犠牲が求められるのだが、それにしても、日常生活をおくるだけでもせいいっぱいな世の中で、人間の可能性を感じさせてくれ、思わず明日から鍛え出したくなるような映画だ。

    コメントを残す

    CAPTCHA