南極料理人|南極で鍋料理を食べてみたいと思わせる映画です 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル:南極料理人

【処方箋】嫌いな食べ物が克服できるかも

【性別おすすめ】
男性★★★★
女性★★★★
評価:★4.0(満点★5)  ジャンル:ドラマ  製作国:日本  製作年:2009年
放映時間:125分  監督:沖田 修一  主演:堺雅人


 

<スポンサードリンク>


 

私の大好きな映画・邦画で「南極料理人」
堺雅人さんが主演の映画で、極寒の南極の調査に集まった男性達の南極での暮らしを描いた映画です。シリアスな感じではなく、少しのどかに穏やかにコミカルに描写されていて、とても平和な気持ちで見れる映画です。

 

楽しめるといえば、のんびりと楽しめる感じで、ハラハラドキドキということはありません。でも、なんとなく引き込まれる世界観を持った映画です。
堺雅人さんが演ずる主人公の西村淳。この調査隊の調理担当として派遣された男性で、穏やかな雰囲気を持つグループのお母さん的存在です。それぞれの専門分野から派遣された男性達が、南極という過酷な土地で様々な思いを巡らせながらも共存していくアットホームなストーリーです。

シュールな笑いもあり、何となく共感出来る日常の有り難さへの思慕、何をとっても面白さを感じる映画です。

 

スクリーンショット 2015-09-12 20.24.23
私がお気に入りなのは、やはり、この映画に出てくる様々な料理です。笑ってしまうような料理もあれば、本格的なフルコース、そして単純なB級グルメ。それを過酷な条件の中で仲間達の為に作り出して行く料理人。その料理がおいしそうに見えてたまらなくお腹が空く映画です。

 

ほんわかとした家族の絆の描写もあったり、恋愛模様もあったり、人間味溢れる映画です。

 

 

<スポンサードリンク>


 

観たい映画をガマンしない!定額動画配信サイト紹介!

 

    コメントを残す

    CAPTCHA