カラスの親指|主演:阿部寛ですがテルマエではなく詐欺師のお話しです 

 

 

 

 

 

 

タイトル:カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

【処方箋】観終わったらこころが少し軽くになっています

【性別おすすめ】
男性★★★
女性★★★
評価:★3.5(満点★5)  ジャンル:ドラマ  製作国:日本  製作年:2012年
放映時間:160分  監督:伊藤匡史  主演:阿部寛、村上ショージ、石原さとみ


 

 

<スポンサードリンク>


 

 

原作は青春ミステリーで知られる道尾秀介で、阿部寛が詐欺師を演じることで話題になった作品です。共演の村上ショージが重要な役を演じていたのが印象的でした。

 

ストーリーは、競馬場のシーンで始まります。ユースケ・サンタマリアが演じる詐欺師との「詐欺師対決」は、かなり見応えがありました。ここから一気に映画の世界に引き込まれていくという感じです。その後主人公タケ(阿部寛)の悲惨な過去が明らかになります。

 

こんなふうに追い詰められたら、自殺するか、ホームレスになるか、犯罪者になるか、どれが一番マシなんだろうと考えてしまいます。

 

ひょんなことからコンビを組むことになった主人公タケ(阿部寛)相棒のテツ(村上ショージ)と一緒に住んでいたアパートから火が出て、他の街に移ることになり、テツが探した一軒家に住むことになります。

 

スクリーンショット 2015-09-13 17.37.51

 

そこへ三人の訳ありの男女が同居することに。このあたりから、謎解きの伏線が出てきます。ラストの種明かしで、そのシーンを思い出したり、もう一度見てみたりすると、「なるほど!」と思わず声が出てしまうほど感心してしまいました。

 

また、五人がヤクザ相手に演技力で立ち回るシーンは圧巻でした。全体的にはコミカルなタッチでしたが、ラストでは思わず涙が出てきてしまい、見終わると何かスカっとした感じになる、そんな映画でした。

 

テルマエではない阿部寛、意外と役にはまった村上ジョージ、やはりとてもカワイイ石原さとみと能年玲奈!

 

サイコーのキャストです!

 

 

<スポンサードリンク>


 

観たい映画をガマンしない!定額動画配信サイト紹介!

    One Response to “カラスの親指|主演:阿部寛ですがテルマエではなく詐欺師のお話しです ”

    1. こんばんは。
      この映画、能年玲奈ちゃんと石原さとみちゃんの可愛さにノックアウトされてしまいました。特に、能年玲奈ちゃん。「あまちゃん」は見ていなかったので、ほぼ初めて見た彼女の透き通った感に感動しました。
      けっこう長めでしたが、ドキドキしたり、ニマニマしたり、ジーンとしたり、楽しめた映画です☆

    コメントを残す

    CAPTCHA