ガープの世界|イイ男、イイ女よりも「イイ人間」を目指そう

 

 

タイトル:ガープの世界

【処方箋】人を見る視野が広がります

【性別おすすめ】
男性★★★
女性★★★
評価:★3.6(満点★5)  ジャンル:ドラマ  製作国:アメリカ  製作年:1982年
放映時間:136分  監督:ジョージ・ロイ・ヒル  主演:ロビン・ウィリアムス、グレン・クローズ


故ロビン・ウィリアムズが演じるガープの数奇な人生の物語。

 

 

看護婦であるジェニー・フィールズは私生児ガープを出産した。

 

 

彼の父親は戦争で重傷を負ったガープ軍曹であった。

ジェニーはフェミニストで、男性との結婚生活は望まなかったが子供が欲しかったため、ある夜、意識のない瀕死のガープ軍曹に跨り妊娠した。

 

シングルマザーとしてガープを育てるため、ジェニーは住み込みで寄宿舎の看護婦として働き、ガープもそこで生活をした。

成長したガープはレスリング部に入り夢中で練習に明け暮れた。そしてコーチの娘のヘレンに恋をした。

ヘレンは将来小説家と結婚すると宣言し、ガープはその道を目指す。学校を卒業したガープは母と共にニューヨークへ移り住み、小説の執筆に励む。

 

ガープとヘレン

 

母もまた、自らの半生と社会的弱者として生きる女性たちの声を代弁した本を出版。

するとたちまちベストセラーになり、女性主義者の代表として大きく支持されるようになる。

ガープも小説が評価されるようになり、ヘレンと結婚する。

二人の子供も恵まれ順風満帆な人生を歩んでいくように見えたが、思いもよらぬ出来事が次々と起こっていく・・・。

 

 

自分の主義は決して曲げない母親に禁欲的に育てられたガープだったが、彼の世界は明るくユーモアに満ちており、女性に対しても積極的だった。

 

ガープ

 

この映画には様々な女性達が登場し、それぞれが何かしらの問題を抱えており、立ち向かうために強くあろうとしている。

ガープの人生を通して、他人を信じることの難しさを痛感し、また、その素晴らしさが浸透してくるような映画であった。

<スポンサードリンク>


 

観たい映画をガマンしない!定額動画配信サイト紹介!

故 ロビン・ウィリアムズ 若かりし彼の姿を楽しんで下さい。

    コメントを残す

    CAPTCHA