よく周りを見て下さい。あなたを心から愛してくれる存在に気付きませんか?


【性別おすすめ】男性★★★★
女性★★★★
【どんな時】感動の涙を流したい時
タイトル:HACHI 約束の犬
ジャンル:ドラマ
製作国:アメリカ
製作年:2008年
放映時間:93分
監督:ラッセ・ハルストレム
主演:リチャード・ギア
評価:★3.5(満点★5)

私はこの映画を観る直前まで、感動するラブストーリーやドラマで泣かない人になっていました。

友人から感動するから見てと言われた映画でも感動しませんでした。

しかし、2009年にアメリカで公開された「HACHI 約束の犬」が2010年に金曜プレステージでテレビ放送されそれを見たとき涙が止まりませんでした。

それまで感動する映画でも泣けなかったのにこの映画を見て1人で号泣してしまいました。

この話は日本映画の「ハチ公物語」のリメイク作品で実話の話でした。

亡くなった主人の帰りを待つ秋田犬ハチのことが、何とも切なく涙が溢れました。

犬は、とても賢くとても家族思いなんだと改めてすごい思いました。

今、保健所などにいくと老犬や捨て犬などたくさんの犬が保護されています。

この映画をみて、私はなぜ大切な命を捨てることが出来るのか、犬はこんなに主人や家族の事を思っているのに人間はなぜ簡単に捨ててしまうのかとても胸が痛くなりました。

今自分たちが何気なく過ごしているときでもまた一つまた一つと命は消えていっています。

犬は今ペットショップで買える時代になりましたが私は少しでも保健所や愛護センターに足をはこんでもらいたいと思います。

犬は寂しがりやです。

家族を待っています。

私はこの映画を見て感動もしましたがこのようなことをこの映画で学びました。

一つでも多くの命が守れるように人間1人1人考えて欲しいなと心の底から思いました。

    コメントを残す

    CAPTCHA