Mommy | 障害を持つお子さんがいる家族に観て欲しい

ADHDの息子 スティーブ

 

 

 

タイトル:Mommy

【処方箋】家族、愛、友情 あなたが消耗した部分を補ってくれます

【性別おすすめ】
男性★★★
女性★★★★
評価:★3.5(満点★5)  ジャンル:ドラマ  製作国:カナダ  製作年:2015年
放映時間:139分  監督:グザヴィエ・ドラン  主演:アンヌ・ドルヴァル、スザンヌ・クレマン、アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン


近年、若き天才映画監督として注目されているグザヴィエ・ドランの最新監督作。

 

シングルマザーのダイアンにはADHDの息子、スティーヴがいる。

 

 

感情のコントロールができない彼は施設で放火騒ぎを起こし、退去させられてしまう。

 

 

息子との暮らしは嬉しい反面、時に自らが傷つけられる恐怖も同時に感じずにはいられなかった。

 

 

ダイアンは生活のために職を探さなければならないが、息子を家に一人で置いては行かれない。

 

 

そんな時に向かいに住む元教師の女性、カイラが面倒を見てくれると言う。

 

 

カイラは教師の職でのストレスによる吃音症を患っており、上手くコミュニケーションが取れない。

 

 

それでもカイラはスティーブに勉強を教えようとするが、戸惑った彼は反抗的な態度を取り、カイラはついに激昂してしまう。

 

 

驚きと共にひどく傷ついたスティーブだったが、これをキッカケにカイラに対して心を開くようになる。

 

ADHD

 

ダイアンの仕事も決まり、その間カイラはスティーブと過ごすようになると、二人にとってカイラは家族のようなかけがえのない存在になる。

 

そしてカイラも徐々に吃音症を克服していく。

 

 

 

何もかもが順調に進むかのように見えていたが、ある日ダイアンに訴状が届く。

 

 

それは放火事件の被害者からのものだった・・・。

 

 

正方形で映し出される特徴的な映像は、まるでホームビデオのようなパーソナルな雰囲気。

 

 

可能性の広がりと共に視野を広げる手法は、効果的に映画を盛り上げる。

 

 

ADHDや自閉症など障害持つ子供を育てる母親の苦悩を軸として、純粋すぎる息子を受け止める母親の無限の愛、激しくぶつかって強固になる絆と友情に圧倒させられる映画だった。

 

 

<スポンサードリンク>


 

観たい映画をガマンしない!定額動画配信サイト紹介!

    コメントを残す

    CAPTCHA