観終わったあとにこんなに清々しい気持ちになれる映画は他にない


タイトル:ショーシャンクの空に
ジャンル:ドラマ
製作国:アメリカ
製作年:1994年
放映時間:143分
監督:フランク・ダラボン
主演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン
評価:★4.4(満点★5)

映画「ショーシャンクの空に」は今でも心に残る名作として忘れられません。

ある日、銀行員のアンディが、身に覚えのない殺人罪の容疑をかけられるところから映画ははじまります。

彼は無実の罪でショーシャンク刑務所に収監されてしまいます。

その刑務所はノートン所長とハドレー主任が絶対的な権力を握り、囚人たちを力で支配していました。

こんな腐敗した過酷な環境の中でも、アンディはけっして希望を捨てることなく、密かに刑務所からの脱出の計画を立てていました。

ストーリーが進むにつれ、あっと驚く展開が用意されていて、映画の中に引きこまれていきます。

そしてさまざまな困難の乗り越え、ついにアンディは脱獄を成功させ、ノートン所長の不正までも暴きます。

アンディの不屈の精神に胸を打たれます。

アンディが脱獄を成功させたときは、観ているこっちも解放感に包まれました。

それから友人レッドに託した手紙の伏線が効いています。彼らふたりの友情も心に響きました。

ラストシーンは、海の場面が美しく、爽やかな感動が胸を吹き抜けたのを覚えています。

観終ったあともいつまでも感動の余韻が胸を浸していました。

    コメントを残す

    CAPTCHA