65歳の人が20歳代に一瞬で戻れる名作です

 

タイトル:サウンド・オブ・ミュージック

【処方箋】心を休めたい時

【性別おすすめ】
男性★★
女性★★★★
【映画データー】ジャンル:ドラマ  製作国:アメリカ  製作年:1964年  放映時間:175分
監督:ロバート・ワイズ  主演:ジュリー・アンドリュース  評価:★4(満点★5)

 


 

 

<スポンサードリンク>


 

舞台はオーストリア。

修道女見習いのマリアが軍人の家の家庭教師として雇われます。

 

厳格な家風に戸惑うマリアですが、音楽を通し、子ども達ばかりだけでなく厳格な父・トラップ大佐の心をもつかんでいきます。

 

音楽と笑顔を取り戻したトラップ家でしたが、戦争の足音が近づいてきます…。

 

実話をもとにしたミュージカル・ドラマです。

 

とにかく冒頭から素晴らしいです。
雄大なアルプスの山々にジュリー・アンドリュースの歌声が響きわたります。

 

『もうすぐ17才』や『エーデルワイス』など、次々に登場する歌は、どれも印象深いものばかりで、『ドレミの歌』などはいまでも歌いつがれています。

 

トラップ家の子ども達も皆かわいらしく、腕白坊主のイタズラや泣きべそ、純真無垢な歌声に思わず微笑んでしまう場面も多いです。

 

恋愛の要素もありますが、主になるのは家族の物語であり、一方では戦争に音楽で反抗する人々の物語でもあります。

 

スクリーンショット 2015-08-05 21.52.50

 

また、お城のような家やザルツブルグの街並みも素敵です。

 

大自然や音楽の美しさだけでなく、家族の絆というものは色褪せません。

 

時代を越え、世代に関係なく感動できるものです。いつまでも残る名作だと思います。

 

<スポンサードリンク>


    コメントを残す

    CAPTCHA