人によってはちょっと吐き気を感じるかも知れません 注意して観て下さい

タイトル:パフューム

【処方箋】映像美で感動したいとき

【性別おすすめ】
男性★★
女性★★★★★

【映画データー】ジャンル:サスペンス  製作国:ドイツ  製作年:2006年  放映時間:147分
監督:トム・ティクヴァ  主演:ベン・ウィショー  評価:★3.5(満点★5)

 


 

<スポンサードリンク>


 

ベストセラー小説『香水 ある人殺しの物語』を映画化したものでその過激さから何かと話題になった映画です。

 

 

悪臭漂う市場に産み捨てられたにもかかわらず奇跡的に生還し、その後孤児院での劣悪な環境にも耐え抜いて生き延びた男グルヌイユは、天性の嗅覚を持っていました。

 

この才能を生かし香水店で働き始めます。

 

スクリーンショット 2015-08-02 13.28.24

 

一時はパリで一番の人気調香師にまで登り詰めたのですが、グルヌイユにはどうしても叶えたい野望があり、それはどんな花々よりも美しい少女の体から抽出した究極の香水を作るというそれは恐ろしいものだったのです。

 

そしてパリの街では何人もの美しい少女たちが全裸遺体で発見されるというおぞましい事件が続き、次第に街はパニックになります。

 

ついに捕まったグルヌイユが処刑されるシーンが訪れるのですが、その少女たちから作った香水を肌につけたグルヌイユが処刑場に登場すると、集まった群衆たちに予想外の異変が生じるのです。

 

そのシーンの壮絶さは一度観たら忘れられないほど衝撃的で感動します。

 

 

スクリーンショット 2015-08-02 13.30.32

 

全編を通して猟奇的で吐き気を覚えますが、同時に甘く瑞々しい芳香が匂い立ち、グロテスクさに一種の美を感じさせます。

美しい薔薇には棘があるという有名な言葉の通り、究極の美には毒や残酷さが必要なのだと感じる映画でした。

 

 

映像もうっとりするほど美しいです。

 

観賞後いつまでも香りが幻臭のようにつきまとって残りました。

 

 

<スポンサードリンク>


 

 

観たい映画をガマンしない!月額一定動画配信サイト紹介!

    コメントを残す

    CAPTCHA