とにかく衝撃がハンパなかったです

 

タイトル:ソウ(SAW)

【処方箋】好奇心を抑えたいとき・好奇心の暴走を止めたいたき

【性別おすすめ】
男性★★★★
女性★★★★

【映画データー】ジャンル:サスペンス  製作国:アメリカ  製作年:2004年  放映時間:103分
監督:ジェームズ・ワン  主演:ケアリー・エルウィズ   評価:★3.9(満点★5)

 


 

 

<スポンサードリンク>


 

 

密室の中に男性が三人。中央に倒れた男がいて、その対角線に足を鎖で繋がれた男が二人。

このような状態からの脱出劇が主なストーリーです。

この映画は本当に衝撃を受けました。

 

 

これまでにサスペンスものは数多く観てきたつもりでいましたが、本当に最後まで驚かされました。

最初の設定はきっと多くの方が思いつくとは思います。

 

ただ、それからなぜこのような鎖で繋がれた状態になっているのかなどのつじつま合わせが非常にうまいと思います。

 

この作品で一応は話がまとまってはいるものの、本当の全てを描ききらないからこそ、この「ソウ」はシリーズ化されているのでしょう。

 

かなりグロテスクなシーンが多いので、ついついそれを見せることがメインなのかと思いきや、ストーリーも緻密にしかも心の深い部分を揺さぶるような演出もちゃんとされていて、低予算でもヒット作が生み出されるのだとある種感動すら覚えた作品です。

 

スクリーンショット 2015-07-29 23.15.10

 

善と悪が微妙に交錯していて、それがいいのか悪いのかを自分が判断しなければならないという意味で頭を使う映画でもあると思います。

 

ラストはこの映画が一流のエンターテイメントだと証明していると思います。

 

<スポンサードリンク>


 

 

観たい映画をガマンしない!月額一定動画配信サイト紹介!

    コメントを残す

    CAPTCHA