心の栄養摂取 映画サプリでこころを元気に

 

120def697f48ab695e43eff403307195_s671551120bf9ac7221b0959b13baa320_s

 

 

 

 

 

 

 

毎日ハードに働くサラリーマン・OLのみなさん、お疲れ様です!

ここでは休日を有意義に過ごすための、ある一つの”アイテム”にクローズアップしてお話を進めていきます。

 

あなたは

「会社に行きたくないなぁ」

「なぜか憂鬱だ」

「何のために働いているのか分からなくなった」

など、1日の大半の時間を一所懸命に仕事に費やし、心が少し疲れたりしていませんか?

 

efaf7a7ac06d1086617a325c086c736f_s

 

「たまの休みは一人っきりでのんびりしたい」

「恋人と楽しく過ごしたい」

「何でもいいからスカッとしたい!」

086038036ca56edb31e9f1beaa26d6a2_s

と、貴重な自由時間を有意義に、気持ちよく使いたいと思ったりしていませんか?
そんなあなたに、心に栄養や休息を与えてくれたり、空いた時間を楽しく有意義に過ごすのにもってこいのアイテムを紹介します。

 

それは

ムービー 映画

です。

 

「なんだ、映画か。」「もっと新しいものを期待しちゃった!」なんてつぶやきが聞こえてきそうですが(笑)

 

しかし皆さん!一言に映画と言っても、あなたの気持ちがどんな状況でどんなジャンルの映画を観れば良いのかをしっかり理解しながら選ぶと

 

この映画というのは

 

  • ココロを癒し元気にしてくれる
  • 不安やイライラを軽減してくれる
  • 新たな目標ができる
  • 好きな人との距離を縮められる
  • ビジネス成功のヒントが浮かぶ
  • 海外映画では外国語のリスニング能力向上に非常に良い

 

などなど

たくさんのプラスのエネルギーをあたえてくれます。

ですが、これはあくまでのボクの考えですが、間違ったときに間違ったジャンルの映画を観てしまうと

 

  • 落ち込んでしまう
  • イライラや不安が増えてしまう
  • 新たな悩みが増えてしまう

 

などの副作用が出たりしてしまいます。

 

まるでお薬みたいですね。

 

少しオーバーに書いてしまった部分もありますが、ボクの実体験では心が弱っているときに間違った映画を観てしまったことで、さらに落ち込んでしまったことがありました。

 

 

ですので、映画の効果を最大限プラスにするために、このサイトではどのシチュエーションでどんな映画を観るのが効果的なのかをお話していこうと思います。

 

 

先に記しましたが、あくまでもボクの経験則です。

 

参考程度に捉えて下さい。

 

だって映画は楽しむのが基本ですからね!

 

それでは解説していきましょう!

 

<スポンサードリンク>


 

【元気になりたいときにオススメの映画】

どうやら大声で笑うと人間は元気になるみたいです。
だからボクは元気が欲しいときはコメディを観るようにしています。
周りを気にせず大声で笑えるコメディ映画で元気を取り戻しましょう!

ボクがおすすめなのはこのタイトル!

チャップリンの「街の灯」です!

このボクシングシーンは腹筋が痛くなるほど笑いました!
サイレントムービーなのでセリフはないのですが、若い人でも十分に笑える映画だと思います。

【憂鬱でもやもやしている頭ををスッキリさせたいときにオススメの映画】

 

人は涙を流すことで脳がリラックス状態に切り替わります。
自分の家で人目を気にせずポロポロ泣いちゃうと、逆に頭がスッキリして元気になります。
ここで気を付けなければならないのは「感動する映画」を服用すること!
悲しいストーリーでの涙は効果が逆になる可能性があります。

 

ですので、ボクがおすすめな感動映画はこのタイトル!

ショーシャンクの空にです!

 

 

【気持ちが落ち着かず不安なときにおすすめの映画】

不安や焦りは、自分の将来に対して湧き上がるものです。
そんな場合は今の時間に集中し、脳に適度な休息と刺激を交互に与えることがイチバン効果的な気がします。
それが可能なのがボクはミュージカルだと思っています。
映画の登場人物が踊ったりストーリの進行でワクワクする刺激を目から、耳障りの良い音楽で脳からアルファー波を出しリラックスすことができます。

年代によって好みがありますが、僕が観て不安を軽減させてくれたのはハイスクールミュージカルでした!

おすすめです!

 

 

【会社に行きたくと思ったときにボクが観たオススメ映画】

数年前くらいに仕事(上司)に対して不安を抱えていたときに、この映画を観てとてもスッキリしました。
トム・ハンクスが主演の映画なのですが、彼が刑務所の看守長として常に責任のある行動を取るところや、仕事のスキ間で部下と遊んだりしているところ、部下が看守長を信頼し敬意を払っているという理想の関係性が見えます。
「上司に期待できないなら、自分がこんな上司になろう!」と思えた作品でした!

グリーンマイルをそんな視点で観ると前向きになれます!

 

 

 

これが自分を実験台にした映画効果の検証結果です。

 

ぜひ試してみて下さい!

 

 

<スポンサードリンク>


 

コメントを残す

CAPTCHA